V2Hの工事依頼が来ました。

青木電気は長年、札幌電気工事組合の登録業者になっています。会社には全国登録されたオープンな電気自動車充電設備(EVコンセント)が有るせいもあって、日産や三菱自動車から電気工事組合に問合せが有ると、僕の会社にEV(エレクトリックビークル)コンセント工事の見積もり依頼が来ます。
現地調査をして見積書を提示するのですが、僕の技術でEVコンセント配線をできるだけ天井裏と壁の中に見えないように配線する技術が有るので、ほとんどは依頼の電話が来ます。

前書きが長くなりましたが、V2Hは分電盤から200ボルトEVコンセント配線工事のついでに行う工事で、ブラックアウトになった時にEV車のバッテリーから住宅の分電盤に電力を送電して、数日間は普通に電化生活ができるシステム工事です。
これからは電気自動車が徐々に増えて、太陽光発電ともリンクして、新築住宅にもV2Hシステムが出てきます。

※EVの駆動用バッテリーは数百ボルトの直流電圧ですが、各社規格がばらばらです。でもV2Hは太陽光発電ともリンクするパワコンと同じように、交流100V-200Vの安定した電力に変換するシステムです。

V2Hシステムが無くても、プラグインハイブリットと電気自動車は、全て車内に100V1500Wのコンセントが付いていますから、1500Wに耐えられる太さの(家電品に使われている細いコードでは、発熱して燃えてしまう可能性が有る)コードで家の中までコンセントを延ばすことで、ある程度電化生活ができます。ハイブリット車も100Vコンセントが有る車が有りますが、バッテリーが少し小さいのでエンジンをかけて使用します。

余談ですが今年は一度、三菱アイミーブEVの持ち主から「充電させてください」と電話連絡が入ったので「急速充電設備でないですが、どうして僕の会社で充電なのですか」とたずねると「本当は近くの厚別競技場にサッカー観戦に来たのですが車を止められますよね」「あーハイハイ!」でした。
そんなわけで2時間ほど充電をして定番の充電料金の500円をいただきました。

※V2H「ブイツーエッチ」とは、ビークルとホームを接続するシステムです。2と言うのは当て文字で、本当はtoとか-と書くべきなのですが・・・。

後書き
以前のブラックアウトの時に僕の家では実験的に2枚のソーラーパネル(出力500W)から2000Whの鉛バッテリーに充電をして、100V1500W出力の正弦波インバーターシステムを作ってあったので、その時は夜に照明をつけてテレビを見ていましたが、バッテリーの容量が小さいので、冷蔵庫や電子レンジは太陽が輝いている時間しか使えませんでした。

一般的な車もタバコに火をつける事が出来るシガーソケットが有りますから、市販されているシガーソケットに差し込んで使用する100Vインバーターで150Wまでなら利用できます。バッテリーがさらに小さいので、LED照明か、USB充電などで使用する程度なら数時間OKですが、沢山使用するときはエンジンをかけていればOKです。

僕はハイエースをアイドリング状態でシガーソケットの12V電気で、地方への移動先の車の中でノートパソコンとスマホでテザリングを使用してネット接続しています。主にデジカメ撮影した現場状況の数十枚の写真とメールを現場からリアルタイムに発注元に送信です。(スマホを使いこなせていないのでそうしています)
市販されている安価なものでシガーソケットに差し込むプラグにUSBコンセントが2口付いている物が出ています。どちらもキャンプ場に出かけたときなどにも使用できる優れものですから、購入してみてはいかがでしょうか。

僕の並びの住宅では、ブラックアウトの2晩とも、夜に電気がついていたのは僕の家と3軒隣の三菱アウトランダー所有の家だけでした!(僕は現場作業用のエンジン発電機を2個所有していますが、エンジン音が出ますから気が引けて使いませんでした)

※シガーソケットで150W以上電力を使用すると、車の中のどこかにあるシガーソケットの15アンペアヒューズが切れて、シガーソケットの12V電気が切れてしまいます。
※ノートパソコンは150W以内の消費電力なので、車をアイドリングしていればシガーソケットの12V電力で100Vインバーターを使用して仕事できます。