| Home | お天気リンク | PHOTOs | MOVIE | 新川エリアご紹介 | スクール案内 | NOTAM | MPG基礎技術 | MPG豆知識 | リンク | JMBルスツ |

News Now
その11でおしまい。

2018/07/17
今日の石狩は、一日風がとても良くて、このあと僕も皆さんも2度ほど飛びました。

今日はみなさん4〜5フライトくらいしていて大満足でしたっ!





 
その10

2018/07/17
スタントフライトの後の五十嵐さんは、石狩灯台まで行ってしまい、あっという間に戻ってきましたが、五十嵐さんのキャノピーは世界選手権ようなので、とにかく早い機体なのですが、着陸の時の足跡がこれです。

たぶん8m位は足をスキッドさせて着陸していますからクレイジー!

お昼過ぎから来ている前東さんはライズアップの練習を始めました。海風の中でのライズアップは風がとても安定していていい感じです。





 
その9

2018/07/17
そして五十嵐さんは、離陸するとすぐにこの飛びです。よい子は真似をしないように・・・





 
その8

2018/07/17
南さんが着陸すると同時に、モーターパラディーラーの五十嵐さんが来てくれました。

僕の販売するエンジンやキャノピーはすべて五十嵐さんからのお取引です。
世界選手権に使用しているエンジンユニットなのでパチリ。
風呂ペラガードのネットを外してしまって、ちょべっとラインを張っています。パイプやサブタンクなど、ハリボテですが流線形にしています。でも、効果てきめんなのです。
なんでも、このユニットで世界選手権で燃費性能世界一になったと言っています。スイングアームも特注の太いものを使用していました。





 
その7

2018/07/17
石狩灯台までは、往復30分くらいです。

そして皆さん着陸です。南さんが最後に着陸していました。





 
その6

2018/07/17
少しお話が脱線しましたね。

石狩灯台でUターンして戻る途中のショットを3枚。南さんはけっこう早くてずっと先を飛んでいます。





 
その5

2018/07/17
加藤さんも追い抜いて南さんの後ろにつきました。石狩灯台と石狩川河口が見えてきています。灯台はペンキ塗りたてのようでピカピカでした。

石狩川は川幅が300m以上も有る所がたくさんあるのですが、河口はこんなに狭いのです。なので、以前にもお話をしましたが、まだ川の堤防がしっかりとはできていない時代、水害になると島松から岩見沢までまっすぐ船で行けたそうです。

こんたびは旭川で水害になっていますが、カムイコタンの川幅が細くなっている事がそうなのかもしれません。旭川も排水機場なども含めて治水対策が行われると思います。





 
その4

2018/07/17
皆さんが離陸したので大急ぎで僕もすぐに離陸です。

こんな時の為に僕のキャノピーは朝妻さんより一回り小さいキャノピーに乗っていて、その分速度が出ていて皆さんに追いつけるのです。

先頭切って飛んでいるのは南さんです。加藤さんはいつもはルーキーなのですが今日はファントムです。さすがに高性能なので早いし上昇速度も速いです。

田中さんのキャノピーも速いはずなのですが、Dライザーのトリムを引いたままにしているせいかもしれません。





 
その3

2018/07/17
そのあと南さんも一回のライズアップで離陸していきました。うまい!





 
その2

2018/07/17
それで「今日は風がいい感じなので、石狩灯台まで行って来よう!」となって、皆さんわくわくしながら準備を始めています。

「それじゃ最初は南さんが離陸してくださいね」と言っているのに・・・「先に一度飛んでみます」といって田中さん加藤さん離陸です。





 
前ページ TOPページ HOMEページ 次ページ

script by KENT WEB
designed by ピクセル工房
PIXDIARY-1 Ver.1.0